自分のパソコンで覚える、CAD教室。-仙台

CADの資格について

建築CAD検定 と CAD利用技術者試験 

51r1a0FG6nL__SS400_

建築CAD検定」をざっくり説明すると・・・
受験者数・規模ともに、建築系CADでは日本では最大級の試験。
全て実技試験で、准1級、2級、3級、4級があります。
級によって内容も時間も違います。
受験資格はなく、誰でも受験OK。(4級は高校生のみ)
「建築CAD」なので、1から建築もCADも学びたい人にオススメ。
年4回実施

ちなみに、能力判定の種別は
3級、4級(高校生のみ):『設計者から「詳細な指示」があたえられれば、
CADで建築設計図を描ける(トレースできる)実力がある』
2級:『自らの建築知識をもとに設計者ら与えられた「図面のラフスケッチ」から、
CADで建築一般図を描く実力がある』
1級:『実社会で活躍する「CADのスペシャリスト」というレベルを超えた、
CADに関する極めて高度な知識と能力を十分に持ち備えたCAD技術者』 だそうです。


 

CAD利用技術者試験」をざっくり説明すると・・CAD資格本
2次元(1、2級)、3次元(1、准1、2級)、基礎の3種類。
「機械」「建築」「トレース」に分かれてます。
2級と基礎には、実技試験がありません。筆記試験のみです。
2級と基礎は、1年中いつでも受験可能。1級は1年に2回実施。
1級は実技と筆記があり、2級合格者のみ受験できます。

 

「CAD資格」の使い方。

「CADの資格って必要ですか?」と聞かれることがあります。
・転職したい
・今後CADの仕事につきたい
という「これからCADをはじめる方」にはオススメです、とお答えしています。
 
たとえば「CADオペレーター募集」の求人の場合。
面接で「CAD資格」について、有無を聞かれることは
まず、ありません(経験上)。
 
面接で聞かれることは「実務経験」と「建築知識の有無」。
この2つがないことが不安で、CADのお仕事に応募できない、
というご相談を受けることも。
 
採用する側の方にお話を聞くと「CADできます」という人を雇ってみたら、
実は全然かけない人だった、というのもよくある話だそうで、
そうならないように「実務経験」を重視しているとのこと。

では、なぜ資格取得をオススメするかというと・・・
  
「(実務経験はなくても)このような図面を、〇〇時間で描けます!」
と証明・アピールできるからです。
 
雇う側も「これくらいの「建築図」をかけるのか」と、わかりやすい。
口頭で「CADできます」と言うよりも確実に伝わりますし、
実務経験が必要という求人でも、雇ってもらえる可能性は十分あります。
面接に行くときには、ぜひ自分の描いた図面を持っていきましょう。

 
資格 ⇒ 力量を相手にわかりやすく伝える「手段」になります。
 

 試験対策講座をご用意いたします。

「建築CAD検定」 3級、2級、准1級
「CAD利用技術者試験」 2次元CAD(建築)2級、1級

お問合せフォームから、受験予定の資格・級、CAD歴等をお知らせください。
試験前の短期試験対策から、長期的な練習まで、力量に合わせてご提案いたします。

※試験対策講座は、CADの基本操作を習得されている方に限ります。
※まずは基本操作から学ぶ、という方は、こちらのコースで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © CAD工房LEAF All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.